27325115332_56526dff25

もしも、いま「高校辞めたい」と考えている方や、「高校進学ではなく、もっと違った道を選びたい」と悩んでいる場合には、高校の選び方のひとつとして、通信制高校への入学や転入、編入を考えてみるのはいかがでしょうか。

通信制高校とは、全日制や定時制と同じく高校教育課程で、自分自身のライフスタイルやペースに合わせて学習しながら卒業資格を取得することができます。不登校や高校を中退した人だけでなく、現在の学校では卒業が困難な人やすでに働いている人など、さまざまな人が通っています。

なかには、アスリートや芸能などのさまざまな活動と学業を両立させるために、通信制高校を選択して学んでいる生徒も大勢います。

通信制高校を選択すると、全日制や定時制高校のように、校舎に通学をして通う日数が非常に少なく、自宅での通信制の勉強になりますので、自分の自由な時間と場所で勉強をすることができます。

そのため、仕事やアルバイト、習い事、スポーツなどの勉強以外のことも両立させることができるというメリットがあります。ライフスタイルの選択の幅が広がりますので、自分の将来の目標に合わせて学ぶことができるのです。

また、通常の高校の場合には、学年制となっていますが、通信制高校の多くは、卒業までに74単位を修得するという単位制の学習内容になっていますので、基本的に留年はありません。

また、「広域通信制高校」などを選択すれば、どのような場所に住んでいても、全国の都道府県から入学をすることができる場合もありますので、自分に合った高校を選ぶことができるというメリットもあります。

「高校辞めたい」の一言をマイナスではなく、将来プラスに変えるためには、通信制高校の選び方は非常に重要になってきます。

最近では、↓のようにインターネットでさまざまな通信制高校のパンフレットなどを一括で取り寄せをすることができるサイトが多数ありますので、それらを利用して情報収集すると良いでしょう。



自分自身が住んでいる地域の最寄りの1校だけで決めてしまうのではなく、複数の高校のパンフレットを取り寄せてみて、スクーリングの回数やオープンキャンパスを実施していて、実際に高校を見学することができるかなどで比較検討することが大切です。

通信制高校というと、自宅のみでの学習というイメージが強いかもしれませんが、実際には月に数回は学校に通わなくてはなりません。「こまめに学校に通いたい」という人もいれば、「登校はしたくない」という方もいらっしゃるでしょう。このようなスクーリングの回数を事前に知ることができるのも、パンフレットや資料請求をするメリットです。

また、通信制高校の選び方の大きなポイントとして、「高校で何がしたいのか」ということがあげられます。

資格を取りたいといいう場合もあるでしょうし、スポーツと両立させたい、英語を身に付けたい、大学進学を目指している、合宿タイプの集中スクーリングを体験したい、クリエイターになりたいなど、将来の目標はさまざまです。通信制高校であるからこそ、高校の選び方ひとつで、将来の目標に少しでも早く近づくことができます。

もちろん、将来の目標がまだ定まっていないという人もいるでしょう。そのような場合には、通信制高校と併用して「サポート校」を受講するということも考えてみてはいかがでしょうか。「サポート校」とは、塾や予備校などに近い位置付けになりますので、高卒資格を取得するためには、あくまで通信制高校を卒業する必要がありますが、高校に通いながら、自分の得意分野を見つけたり、興味のある科目の成績をさらに伸ばして将来に繋げていくということが可能となります。

また、すでに得意な分野を持っているという場合には、その技術をさらに向上させるための「技能連携校」という広域通信制高等学校にも入学することで、3年間で2つの学校を卒業することも可能です。興味があることやすでに得意としていることなどの技術や技能をさらに磨き、専門分野の資格を取得して働きたいという方にはおすすめのコースで、高等専修学校での専門的な授業の単位も、高校卒業に必要な単位として認められますので、専門的な技術を学びながら高卒資格も取得できるという、かなり達成感の高い機関です。

通信制高校とひとくちに言っても、本当にさまざまな高校やサポート校がありますので、選び方次第では、高校を辞めたことがマイナスどころか、プラスアルファにすら変わっていくのです。

通信制高校の入学時期は、通常4月と10月に行われる学校が多いため、その時期に合わせて春と夏に募集することが多いようですが、転入は一般的には随時募集という学校が多いです。もしも、いま高校を辞めたい、変わりたいという場合には、一度複数のパンフレットを取り寄せてみて、比較検討されてみてはいかがでしょうか。きっと将来のプラスへと繋いでいくことができるでしょう。