25693801434_10436e9d70

「学校での人間関係がうまくいっていない」「進学はしてみたけど、目指すものが変わった」など、さまざまな事情で「高校辞めたい」と考えている方がいらっしゃるかと思います。また、お子さんが高校に入学したものの、その後通わなくなったなどの悩みを持っている親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような時に、「どこに相談すれば良いのか分からない」、「子供に合う高校がどこなのか分からない」という方は多いかと思います。

「ズバット通信制高校比較」では、必要事項を1度入力するだけで、自宅に居ながらにして複数の学校の資料を請求することができる画期的なサイトです。



届いた資料をもとに、気になる学校を徹底的に比較することができます。

日本の高校教育課程には、週に4~5日学校へ登校して授業を受け単位を取得する「全日制高校」のほかに、仕事と学業を両立するために夜間授業が多い「定時制高校」、最後に、通学や自宅学習の中から、希望の時間や場所を選択して学べる「通信制高校」の3つがあり、それぞれのライフスタイルに合わせて選選ぶことができます。

これらの高校のおもな違いは、学ぶ「場所」と「時間」、「学習方法」です。全日制や定時制高校の場合は、決められた校舎で、1日のうち昼間6時間程度(定時制の場合は夜間)授業を受けて、テストや実技、レポートなどによって単位を取得し、学年で決められた単位を取得し進級、卒業となる学年制の学習方法となります。

しかし、「ズバット通信制高校比較」で紹介している通信制高校の場合は、決められた校舎ではなく、時間も場所も自分で選択することができ、先生から課題が届いたらレポートを提出します。添削指導が行われ、面接授業の後、テストによって単位を取得します。学年はなく、必要単位を取得すれば卒業することができる単位制の学習方法となっています。

そのため、学びながら夢を実現させたい人や、「高校辞めたい」と思って退学をしたけど、再チャレンジしたい人、自分のペースで高校教育を受けたい人など、さまざまな人が学んでいます。

「ズバット通信制高校比較」では、「通信制高校のメリット」や「入学から卒業までの流れ」「サポート校の選び方」など、気になる情報なども、同時に知ることができます。

実際に取り寄せてみましょう!

「ズバット通信制高校比較」でパンフレットを取り寄せる方法は、「ズバット通信制高校比較」の公式サイトから「資料一括請求スタート 無料」のボタンをクリックします。


無題


次のページで、学校のエリアを各都道府県から選択し、現在の状況を学年などの中から選択します。

選択後に、「次に進む」のボタンをクリックしたら、基本情報の入力フォームに、お名前や性別、年齢、住所などの個人情報を入力し、「資料を取り寄せる」をクリックすれば、申し込みが完了します。

その後、複数校から自宅に資料が郵送されてきますので、パンフレットの内容を確認のうえ、比較検討してください。

IMG_3959

ご自身に合った学校を選択し、入学あるいは転入、編入の申し込みを行うことができます。

また、「ズバット通信制高校比較」では、通信制高校に在学している生徒の単位取得や進級、卒業に向けて、学習面や生活面、精神面などの支援を行う民間の教育機関である「サポート校」の斡旋も行っています。

サポート校とは、学習塾や予備校に近い存在で、高校卒業資格を取得するためには、あくまで通信制高校を卒業する必要がありますが、登校が難しかった生徒のための「不登校支援型」や、予備校や学習塾などが母体となっている「大学進学重視型」、生徒個人に合った進路が見つかる「進路発見型」、個人の才能や能力を伸ばす「専門知識・技術養成型」など、さまざまなニーズに合わせて選ぶことが可能です。

高校辞めたい」というこの一言が、将来プラスに変わるために、通信高校と併用してみるのも良いのではないでしょうか。

「ズバット通信制高校比較」が多くの方から信頼を得ているのは、ただ単に通信高校のパンフレットを取り寄せるためのサイトではなく、高卒認定試験の合格をサポートする予備校に関する情報や、通信制高校・サポート校・高卒認定予備校の違いなどの新鮮な情報を常に発信しているという点があります。

ほかにも、掲載されている学校の説明会や相談会、体験入学、学校見学会、イベントなどの新たな情報も常に掲載されていますので、 後悔しない学校選びをすることができます。

また、いまさら聞けない通信制高校に関する用語集などもありますので、親御さんも一緒に通信制高校について知ることができます。

「ズバット通信制高校比較」のサイト内の「学校へ行こう!」では、さまざまな事情で「高校辞めたい」と思い始めて、学校に通うことが難しくなってしまったお子様のために、通信制高校を選択することで、大学進学へのデメリットにならないなど、通信制高校へ通うメリットなども紹介しています。

もしも、お子さんが「高校辞めたい」といった場合にも、この気持ちをプラスに変えられるように、「ズバット通信制高校比較」からパンフレットを取り寄せてみるというのも、一案です。全日制の高校だけが、高校を卒業するための手段ではありません。もしも、高校についての悩みがある場合にも一人で悩まないで、「ズバット通信制高校比較」を覗いてみましょう。