26882904646_b2b56140c1_b

環境が変わると、新しい生活に慣れるのに苦労する人が少なくないかもしれません。周りが知らない人ばかりだと、自分の悩みを相談することが難しいでしょう。また、環境が変わることで物事の進み方も変化することが少なくありません。そのため、今までのように周りに付いていくのが難しくなることもあるでしょう。

もし、高校生活に馴染めないなら、通信制高校を検討してください。

通信制高校では、生徒の理解度に合わせて教えてくれるとこもあります。発達障害の生徒への理解があるところもあるため、高校の勉強についていけない人でも安心かもしれません。

勉強や人付き合いが上手くいかず、高校辞めたいと考えることもあるでしょう。

高校辞めたいと考えるのではなく、自分に合った学校を探すようにしてください。人との相性があるように、学校とも相性があります。

今の学校との相性が悪いなら、相性の良い通信制高校を選んだ方がいいです。

発達障害などで、勉強や人付き合いが今までのようにいかないこともあります。中学生まではある程度サポートがあることもありますが、高校になると支援が少なくなるかもしれません。もし、周りの助けを借りる必要があるなら、早めにサポートが充実している学校に編入した方がいいでしょう。

新しい環境では自分の力を発揮するのが難しいこともあります。また、周りとの相性が悪く、上手くいかないこともあるでしょう。現在の学校で頑張るのもいいですが、より理解のある学校の方がいいです。

通信制高校の中には、発達障害へのサポートが整っていることを武器にしているところもあります。

自分の力だけで頑張るよりも、力を発揮しやすい環境で過ごす方がいいでしょう。今の環境では高校生活が難しいなら、早めに別の環境を探した方がいいです。高校生活を楽しくするためにも、設備やサポートが整った学校を選んでください。生徒の本来の力を出すために力を入れている学校の方が、高校生活を満喫できることが少なくないです。